アラサー女。chunziの日常日記

アラサー女の日常日記。現在、今後の進路について真剣に検討中。。。

汚部屋から脱却中。私の家の掃除のやり方。

f:id:chunzivivi:20170809020356j:plain

こんにちは、現在、汚部屋から脱却中のchunziです。

断捨離から始まった汚部屋からの脱却計画。物を処分しつつ、家の掃除方法も改めて研究していました。最近になり、私なりの掃除方法が確立されたので、今回ご紹介します。

掃除をすれば運気も上がる!元汚部屋住人。掃除のやり方を研究する。

社員をしていたころは、毎日仕事の事で精一杯。お家の中も、とてもじゃないけど清潔な空間とは程遠いものでした。洗濯、食器などの洗い物、水回りの掃除は週末の時間のある時に一気にやる。という生活。汚部屋って、慣れてくるとレベルがどんどん上がっていくんですよね・・・。放っておくと汚さに慣れてくる。日常生活に然程支障も生じないと感じるので、どんどん汚くなっていく。負の連鎖です。

退職してから、まずは自分の環境を見直そうと、断捨離を始めました。新しく、人生を始めるんだ!と意気込んでいたのです。そこで断捨離と合わせて、環境を整えるという意味で「掃除」にも注目。キレイな空間には良い運気も入ってくるのだとか。

「マジか!( *´艸`)」と早速行動開始しました。

物を捨てていると、部屋の汚れ具合がどんどん目に付いてきます。「この汚れ、落としたい。」と、気になってくるのです。でも、掃除の習慣がないから、どうやって掃除をしたらいいのかが分からない。

今までの私は、掃除=掃除機をかける。とかなりおおざっぱな考えでした。しかし、断捨離中、物を拾っては捨て、手にとっては片付けを繰り返していると、部屋のあちこちにあるゴミやほこりが気になっていきます。そこで、断捨離をしながら、掃除のやり方を研究しつつ、実践していきました。

掃除機だけでは限界がある。やはり拭き掃除が良いと実感

床に置きっぱなしの物が片付くと、掃除機の出番。掃除機をかけて、部屋もきれいになったわ~♪と思うのですが、よく見てみると、部屋の隅っこに埃が溜まっている。掃除機は、主に床にたいして活躍してくれます。だから、床以外には埃などの汚れがそのまま放置。という状態。これらの汚れを取り除かなければ、キレイな部屋とは言えないのです。

ということで、まず使ったのが、クイックルワイパー。さっとひと拭きで埃や塵をキャッチ。とっても優秀なアイテムです。
今でもリビング用、各部屋用にと常備していますが、毎日の掃除にはちょっと物足りないかな。というのが使ってみた感想でした。
「気になる時に。気になった時にさっとひとふき。」用だと思います。

そこで実践したのが、水拭きです。

掃除をする際に、水拭きをするってとっても重要だと思ってます。

例えば床。掃除機をかけても、部屋の隅っこに溜まった埃や塵はとりきれない場合が多いのですが、水拭きをする事で、掃除機では取り切れない汚れもしっかりと取り除く事が可能です。その他にも、ドア枠や電気スイッチ部分、置き物や額縁、写真立てなども、水拭きをする事で、汚れを溜めさせない。ことができるのです。

chunziの掃除のやり方。ご紹介します。

という事で、最近やっと私なりの掃除のやり方が確立されてきたので、以下でご紹介します。

まずは準備を。雑巾(複数枚)&バケツがあるといい。

それでは、私chunziの毎日の掃除のやり方をご紹介。

準備するものは、雑巾(数枚)とバケツ2つです。
雑巾は、古くなった布巾やハンドタオルなどでもOKです。

雑巾じゃなくて、掃除用のウェットペーパ使えばいいじゃん。と思う方いらっしゃると思います。私も以前はそうでした。

しかしですね。ウェットペーパーは少し頼りないんです。先に述べた、クイックルワイパーのように、気が付いた時にサッと拭き取る。っていう時にはとっても良いのでが、お掃除となると、やはり雑巾をおすすめしたい。しかも洗って何度でも使えるし。私のような金なし女には、コスパもGoodなのです。

それではまずは、バケツ1つに雑巾を入れてお水を注ぎます。

f:id:chunzivivi:20170809021517j:plain

左のバケツは雑巾と水を入れたもの。右のバケツはまだ空です。右のバケツにかけてある雑巾(いらなくなったハンドタオル)は乾拭き用です。

そして、掃除機をかけて、大きなゴミ、埃や塵を取り除いておきます。

掃除をする場所の順番を決めておこう。

私は、玄関→お手洗い→脱衣所→廊下→リビングの順番で掃除をしています。キッチンは主に夜、一日の最後の洗い物の時に済ませてしまうので、今回は省略。

掃除をする時に、どこからはじめるのか、次はどこをするか。と順番を決めておくのがおすすめです。全て一連の動きとして習慣化してしまえば、実に楽な行動になります。

まずは玄関へ。
うちの玄関には置き鏡があります。なぜなら運気が上がるって聞いたから(笑)

水を張ったバケツから、雑巾を一枚取り出し、硬く絞ります。そして鏡や置き物などを水拭きします。鏡は、水拭きした後に乾拭きを。(乾拭き用雑巾は鏡やガラス用です。)

それが済んだら、玄関のたたきをホウキで掃きます。そして、ドアを水拭き、たたきを水拭きします。最後はホウキ&塵取りも水拭きしましょう。いつも使うものだから、掃除道具もキレイにいておきます。使い終わった雑巾は、空のバケツに入れます。

ちなみに、私の使っている玄関用ホウキ&塵取りは、ダイソーで購入しました。

f:id:chunzivivi:20170809021747j:plain

108円とは思えないくらい活躍してくれています。
普段はこのホウキ&塵取りは、玄関の隅にさりげなく置いてあります。
こんな感じです↓

f:id:chunzivivi:20170809021852j:plain

掃除に使った後は、汚れもきれいにふき取ってありますし。いつでも使いたい時に利用できる。ってポジションに置いてます(笑)

玄関が終わったら、お手洗いへ。お手洗いの掃除も、基本は水拭きです。

まずは、便器の中。これは便器専用の洗剤とブラシを使ってゴシゴシします。

その次は、水をはったバケツから新しく雑巾を一枚とって、硬く絞ります。そして、置いてあるもの、掛けてある物をサッと水拭き。次に、タンクを水拭きしていきます。その後は便座カバー→便座→便器→便器外回りと水拭きです。で、最後に床も水拭きして完了です。

雑巾が汚れたわ( ˘•ω•˘ )と思ったら、空のバケツへポイっと。そして、水をはったバケツから新しい雑巾を取って使います。

脱衣所、廊下、リビングも上記と同様に、水をはったバケツから雑巾をとり、硬く絞って水拭き。雑巾がよごれたら空のバケツへ入れていく。これを繰り返していきます。

f:id:chunzivivi:20170809022226j:plain

左は水をはったバケツに雑巾が入ってます。右のバケツには、汚れた雑巾を入れていきます。
ドアやドア枠、棚や取っ手、床の隅も水拭きします。家電は乾拭き用雑巾でサッと拭きます。

掃除完了後の後片付けも大切

キレイになったら、最後は掃除に使用した雑巾を洗って再利用するために、少し下処理をします。

掃除中、汚れた雑巾は、空のバケツへ入れていきました。水をはったバケツには、雑巾が無い(または数枚残ってる)状態です。この水を再利用します。

汚れたバケツに、上記のバケツの水を注ぎます。

f:id:chunzivivi:20170809023117j:plain

そして、ハイターなどの洗濯用の漂白剤をいれて付け置きします。

これは、漂白、消臭、除菌をしてくれるからです。お手洗いや玄関のたたきなどを拭き掃除した雑巾。

ハイターなどの洗剤で付け置きした方がいいよね。ってことで行います。
ある程度の時間、付け置きをしたら、洗濯をして干す。

これで完了です。

お掃除のお供に。個人的におすすめなアイテム

私が水拭き掃除をする時に必ず利用しているアイテムがあるのですが。
それが、ラベンダーのチンキ剤です。

チンキ剤ってご存知でしょうか。乾燥したハーブをアルコールに漬けてハーブの成分を抽出したものです。ハーブチンキ、ハーブティンクチャーとも言われています。

f:id:chunzivivi:20170809023632j:plain

私はラベンダーを使っているのですが、バケツに雑巾を入れて水をはった後に、このラベンダーのチンキ剤を数滴落とします。

上記で述べたように、アルコールを使っているので、多少なりとも除菌効果があるかな。ということ。さらに、ラベンダーの香りが水拭き用の雑巾にも広がるので、良い香りが掃除中にも良い効果を発揮してくれるのです。

臭い雑巾よりは、良い香りの雑巾を使った方が気持ちがいいですからね。
今では私の必須アイテムとなっています。

ハーブのチンキ剤の作り方もとっても簡単。これはまたの機会にご紹介します。

そして、仕上げにシュッと吹きかける「お手製除菌スプレー」です。

f:id:chunzivivi:20170809023812j:plain

こちらはアルコールに、ラベンダー、ミント、レモンのアロマオイルを混ぜた物です。このお手製除菌スプレーも、香りがよく、材料さえあれば簡単に作れてしまう優秀アイテム。

こちらの作り方も、またの機会にご紹介します。

コツさえつかめば、掃除は楽にできる

汚くなってから掃除をする。というのは結構疲れるものです。汚れたものをキレイにする。散らかったものを整理整頓するとなると、時間も必要になってきます。掃除をする、片付けるということが習慣化されるまでは、気が進まなかったり、後回しにしてしまいがち。

大変だな、時間が掛かるなと思うのは、最初の頃だけです。いつも掃除をしていれば、そんなに汚れることもなく、拭き掃除も簡単に済みます。

まずは、掃除する場所のコースを決めて、一か所ずつ仕上げていく。
さらに、自分のお気に入り掃除アイテムを見つけて活用する事も、掃除をする上でおすすめです。

コツさえつかめば、毎日の掃除も短時間で効率よく行うことができるんだな。と実感しています。

汚部屋脱却に向けて、さらなる研究を重ねていきたいと思います。